Category : 写真

スカイツリー

In : カメラ, Posted by on 6月.06, 2012

スカイツリー登ってきました。



紅葉:三渓園

In : カメラ, Posted by on 1月.01, 2012

三渓園で撮った写真。



 



GIMP

In : コンピュータ, 写真, Posted by on 11月.11, 2010

フリーの画像処理ソフトGIMPの名前を聞いたことはあったけど、実際に使ったことがなかったのでさわってみた(Windows 版)。

ふつーに使えた。

「古い写真」フィルタ:


油絵化:


Save for web というプラグインを入れれば、サイズの最適化や PNG8 保存もできるのでかなり使える。

ファイルサイズや使用メモリも小さめ。

スクリプトを書いてバッチ処理もできるらしい。



写真の整理

In : 写真, Posted by on 8月.08, 2010


Web サーバ兼samba on Software RAID1 のLinuxサーバが復調したので、最近撮っていた写真の整理&バックアップしてます。

上の子↑は、最近ずいぶん自分に似てきているそうですが・・・本人的にはよくわかりません。

近頃はミニチュアっぽく撮れるレンズを物色中。

nikon 純正はクソ高くて30マソ円とかするわけなんで、ロシアで作られているような数マソで買えそうなレンズを漁っているところであります。

ティルトレンズは、最近のミニチュア風写真が流行る前からふつうの使い方で欲しかったんですが・・・まあボケをいじるだけならPhotoshopとかでやれ、みたいな話もあるだろうし。。といっても、やっぱりファインダー覗いているものがそのまま写る、というのが楽しいところでもあるので。

来月末はグアムに行くので、子どもだけじゃなく花とかも撮りたいなと。

花と言えば、最近近所でよく見かける花の名前がわからずちょっと調べたところ、百日紅(さるすべり)でした。

葉の緑と、花の紅色が鮮やかで気にいってます。



トイレンズ(LOREO Lens in a cap)

In : カメラ, Posted by on 6月.06, 2009

最近買ったトイレンズで試し撮り。





カメラ本体のレンズ接合部のカバーのカタチをしているレンズ。
だから、”Lens in a cap” という名前。

ピントの甘い写真が撮れます。

この高精細マンセーの時代に逆行する、楽しいレンズです。



レンズベビー続き

In : マクロの世界, Posted by on 6月.06, 2009

前回の続き・・・と思ったら、1枚しか残ってなかった。


ほとんどフォーカスのあたらない写真をデジタルで撮るのもどうかと思われるかもしれませんが。

自分の思うようにレタッチするのはフィルムではできないし、RAW の豊かなデータを使ったりするのはやはりデジタル一眼の強さかと。

あ、あとこんなレンズを使えるのもそうですね。



マクロ(レンズベビー編)

In : マクロの世界, Posted by on 6月.06, 2009

今日久しぶりにレンズ買いました。

それもなんと2本!

とはいえ、新品ではおそらく最安と思われる 2,600円と 3,200円。

レンズベビーみたいな、いわゆるトイレンズという部類?に入るモノ。

Loreo LENS IN A CAP
Loreo PC LENS IN A CAP

このレンズについては、また次回に紹介します。

で、レンズベビー編。










まわりのボケかたが美しいですね。

センターのピントを合わせるのがけっこうしんどいですが、、、合うと気持ちイイ写真になります。

もうちょっとレンズベビー続きます。



マクロ続き

In : マクロの世界, Posted by on 6月.06, 2009

最近まめに更新する気が起きてきたので夜に更新しております。

つーか、撮った写真を載せたいけどいっぺんに載せるのも何かなという程度のモチベーションなんですけど。

まあともかく妙に更新頻度が高くなっている今日この頃です。
いつしかまたパッタリ更新が止まるということが容易に想像できます。
(まあ、性格ですね)

前回の続きで、ノーマルなマクロレンズでの写真をいくつか。


花のアップはじっと見てるとオシベやメシベが気持ち悪くなってきますね。

そんな見知らぬ世界を見ることができるのが、マクロのおもしろいところ。

撮ってる人が一番楽しいのですが。



マクロ(Ai AF Micro-Nikkor 60mm F2.8D 編)

In : マクロの世界, Posted by on 6月.06, 2009

昨日でジロデイタリアも終了。

最後の最後でマリアローザのデニス・メンショフと2位のダニーロ・ディルーカとの差はわずか20秒・・・
そんななか、最終ステージ ローマでのタイムトライアル、メンショフは何もないストレートのコースで落車するものの、渾身のレースで優勝を手にした。

2007年のブエルタ・ア・エスパーニャ優勝のときのクールさとはまったく逆の、全力のガッツポーズ&雄たけび。
こんなメンショフ見たことない・・・というか、そんな闘志を内に秘めていたのかという驚きとうれしさを感じました。

まあほとんどの人が読んでもよくわからないことはこのくらいにして、前回に続き奥様実家での写真をいくつか。
今回は植物マクロです。


まずはいわゆるふつーのマクロレンズを使った写真から。

ニコン純正のマイクロ、60mm の D クラスレンズ

サードパーティーのレンズメーカー、シグマやタムロンの同等レンズにくらべてボケが硬いと言われ続けているようで、とうとう最近 G クラスのレンズが出てしまいました。

一世代前の D シリーズは、ずっしり重くて好きなんですけどね。
レンズもでっかくて、「これぞ短焦点!!」みたいな無骨さがいいです。
G になっちゃうと、なんかえらくスマートで、最近のまるっこいトヨタ車みたい。

(上のリンク先でカタチを見比べてみると、言いたいことがわかっていただけるかと)

とはいっても、デジタル化の進むなかで、レンズに求められる高精細のレベルがかなり上がってしまい、レンズメーカーはどんどん新しいレンズを発表しています。

これも時代の波ですね。

結局、ほとんどの人が読んでもよくわからない内容に終始しつつ終了。

ほかにもまだ写真があるので、次回も D マクロです。



In : 写真, Posted by on 4月.04, 2009

近所の川べりにちっさい桜並木があることが判明したので、週末写真を撮ってきました。


思ったより密集感があるな。。。



近所在住のおばちゃんらしき人が、「千鳥ヶ淵に行かなくても十分でねぇ」という話を、通りすがりの人に3回くらい繰り返し話しておられました。

久々にレンズベビーでも撮ってみたので、何枚か並べてみます。




撮った写真をじっと見つめているとちょっと目がくらくらしてきますが、このレンズは相変わらずおもろいです。

雨がなかなか降らないんで、もうしばらく楽しめそう。