Category : 生活

7年

In : 編みもの, Posted by on 10月.10, 2015

_DSC7263

上の子が生まれる前か後(どっちか忘れた)、作成を開始したブランケットがようやく完成した。 結局 7年かかってしまった。  

1年目:半分くらい作り、放置

6年目くらい:残りの半分とまわりの枠を作り、余り糸の始末をせずに放置

7年目(今日):糸始末を終わらせ、完成

まわりの枠は手探りで編み出しを研究し、独自の方法を取ったので自信がある。

ただ、ボリュームがわからず進めざるを得なかったので、だいぶダブダブ&バランスが悪くなってしまった。

まあご愛嬌。

 

さっそく嫁に知らせたところ「スチームアイロンで目を落ち着かせよ」と。

ごもっともです。

この後やります。

 

すでに子どもは小学校 2年生と、保育園年長さん。

誠に勝手なお願いだが、丁重に扱ってほしい。

ていうか、サイズ的に使えるのだろうか。

 

あーでも完成させるとやはり嬉しい!

_DSC7264



デイジー

In : 折り紙, Posted by on 7月.07, 2014

daisy800

次男がうちの実家に行きたいとうるさいので、土日で一泊に来た。

実家に帰ると暇なので、Macbook のケースに入れている和紙で折り紙してみた。

 



Flower box

In : 折り紙, Posted by on 5月.05, 2014

ばらと、仕切り付きの箱。

 

埼玉の小川和紙というものを買って折ってみたところ、やはり普通の折り紙より柔らかくて折りやすい。

裏の色も同色なので、裏地が出るこのばらの折り方にはちょうどよい。

 



In : 折り紙, Posted by on 4月.04, 2014

horse

各部位のバランスが素晴らしい。

 

無駄がなく、できあがって感動した。



自動車

In : 折り紙, Posted by on 3月.03, 2014

car

立体の自動車。

奥にある金色は、平面の自動車 folded by 長男。



切り抜く本 紙で作る世界の軍艦

In : 生活, Posted by on 3月.03, 2014

 

battleship

折り紙の折図を探していたら、まさかの発見。昔小学生の時にお年玉で買ったペーパークラフト本。

まさか復刻されているとは・・・

他にも蒸気機関車や戦車バージョンがあるのは知らなかった。

 



連鶴2

In : 折り紙, Posted by on 1月.01, 2014

連鶴2

 

今日は、久しぶりに US から帰国している前職の同期と、まだ前職の会社にいる同期の友人が家に集まった。

ということで、羽をつないだ連鶴を作ってみた。

 

うまくできたけど、つなぎ目がねじれてしまったか。

当て推量で鶴の向きを決めたので、やろうと思えばねじれずにできるかもしれないな。

 



お好み焼き

In : 料理, Posted by on 12月.12, 2013

okonomiyaki

晩御飯向け

時間:30 – 40分程度

手間:そこそこ

■材料
  • 小麦粉
  • 卵 2個
  • キャベツ 1/8 – 1/4
  • 山芋 5cm 程度
  • 豚肉薄切り 100g
  • エビ 5尾
  • タコ 適当
  • お好み焼きソース
  • マヨネーズ
  • かつお節 使い切りミニパック
  • 青のり
  • (シュレッドチーズ)
  • (つぶコーン)
 

■作り方

 
  1. 大きめのボウルを準備。
  2. キャベツを細かく切り刻んで、ボウルに投入。あまり細かすぎても歯ごたえが無くなってしまうのが難しい。
  3. 卵を割って、ボウルに投入。
  4. エビの皮をむき、背わたを取って食べたい大きさに切る。ボウルに投入。
  5. タコを食べたい大きさに切って、ボウルに投入。
  6. 山芋の皮をむいておろし、ボウルに投入。
  7. 小麦粉をボウルに投入。
  8. 水をボウルに投入。
  9. 木べらでひたすらかき混ぜる。
  10. ひたすらかき混ぜる。
  11. フライパンにサラダ油をひき、豚肉を焼く。あまり焼き過ぎないで、皿に上げておく。
  12. ボウルでかき混ぜた材料を中火のフライパンに投入。好みの厚さに延ばす。
  13. 焼いた豚肉を乗せる。
  14. 材料が焼けてきたら、フライ返しでひっくり返す。
  15. お好み焼きソース、マヨネーズ、かつお節、青のりを順にかける。
  16. 焼けてきたと思ったらできあがり。
 

■雑感
  • 大学時代に、関西出身の先輩に教わった。
  • かなりの経験値を要する。
  • まず分量が適当。
  • 食べる人によって粉っぽさの好みや具材の好みが異なるので、擦り合わせが大事。
  • 山芋を使うと、食感が良くなる。
  • 山芋だと思って大和芋を使うと、粘度が高くて大失敗する(した)。長芋が正解。
  • お店の分量を真似して小麦粉を少なめにすると、フカフカしなくなりダメ出しされる(された)。
  • 小麦粉と水の配分が難しい。食後の振り返りにより、次回作につなげる。
  • 好みでチーズとつぶコーンを入れてくれと頼まれるので、一面を焼いている間に半分だけに投入する。どこからチーズコーンエリアかきちんと把握しておかないと危険。
  • 厚さ適当。
  • 焼き加減判定も適当。
  • たいてい豚肉があまるので、単体で炒めて粗挽き塩コショウをふって食べると美味い。
  • 子どもの好き嫌いが割れるので困る。



ポトフ

In : 料理, Posted by on 12月.12, 2013

potofu

晩御飯向け

時間:20 – 30分程度

手間:そこそこ

■材料
  • ウィンナー
  • 鶏もも肉 or 手羽元
  • キャベツ 1/8 – 1/4
  • たまねぎ 1玉
  • にんじん 1本
  • (セロリ 1本)
  • じゃがいも 4個
  • 固形コンソメ 2個
  • 塩こしょう(少々)

■作り方


  1. ウィンナーを適当なサイズに切って鍋に放り込む。切らないで入れると、味が出ないので切った方がおすすめ。
  2. 鶏肉は手羽元の場合は何もせず鍋に放り込む。鶏もも肉の場合は、食べやすいサイズに切って放り込む。
  3. キャベツ、たまねぎ、にんじん、じゃがいもは好きなサイズに切って鍋に放り込む。数は鍋のサイズによるので、何度か作って経験を積む。
  4. セロリは使うと味が良くなる。適当なサイズに切って鍋に放り込む。自分はセロリを他の料理に使えないので、あまり使わない。
  5. 具材が詰め込まれた鍋に水を入れる。
  6. 固形コンソメを入れる。
  7. 中火。
  8. 吹きこぼれないように注意。
  9. 塩こしょう少々入れてかき混ぜる。
  10. できあがり。

■雑感


  • ウィンナーはシャウエッセンをよく使うのだが、皮がかたいのでやわらかいものを使うこともある
  • 野菜を切ったりするのが面倒だがあとは楽。みそ汁とか作らないでいいし
  • スープがおいしい。
  • 子どもウケは良い



豚肉と白菜の煮物

In : 料理, Posted by on 12月.12, 2013

butaniku-hakusai

晩御飯向け

時間:20 – 30分程度

手間:らくちん

■材料
  • 豚肉スライス(300g 程度)
  • 白菜(1/8 – 1/4)
  • えのき茸(少なめ)
  • ネギ(少し)
  • 料理酒(カップ1 – 1.5)
  • 醤油(ほんの少し)
 
■作り方
  1. 白菜を適当サイズに切る。
  2. 鍋の底に白菜を薄く敷く。その上に豚肉スライスを敷く。その上に白菜を敷く。というのを繰り返す。最後は白菜で終わらせる。意外とすぐに鍋いっぱいに敷き詰められてしまうが、いかに多く詰め込むかが勝負。
  3. えのき茸とネギは、このタイミングで入れてしまっても良い
  4. 料理酒を投入。分量が多い気もしてビビっても、そのまま投入する。
  5. 中火。
  6. いい感じに煮えてきたら弱火にし、醤油をほんの少しだけ垂らして全体に染み渡らせる。
  7. できあがり。
 
■雑感
  • 豚肉はできるだけ薄いものがおすすめ
  • 料理酒だけでいいのか? という不安は、煮えてくると解消される
  • 醤油の投入量には最善の注意を払う
  • 下の子に食べるのを拒絶された