Category : ほぼ最強マシン自作観戦記

ほぼ最強マシン自作観戦記 vol.3(完結編)

In : ほぼ最強マシン自作観戦記, Posted by on 12月.12, 2004

昨日会社にてその後の状況を確認したところ、なんのトラブルもなく OS インストールまでできたとのこと。
なんだ、おもろないなぁ。 いや、すんなり動くなんてすばらしい。
次はぜひ、3DMark などでベンチマークを取ってみて欲しいです。

そうそう、モニタは21型 UXGA(1600×1200)、約20万円。
こういうハイエンドなモノはどこも在庫を持たないらしく、お取り寄せをしているらしい。
ということで、全部で 60万円近いモンスターマシンができあがる。

ちなみに、私が同行ついでに購入したのは、5インチベイ用小物入れ。


総額 980円なり。。



ほぼ最強マシン自作観戦記 vol.2

In : ほぼ最強マシン自作観戦記, Posted by on 12月.12, 2004

いまどきソヌーだって15万そこそこの PC 出してる時代だってのに、パーツだけですでに 30万越えしている状況。

これを受け止めるケースはこれしかない! とアキバ T-Zone の店員さんに推薦されたのが、LIAN LI PC-V2100B
でかい。でかすぎる。しかも4万円。
これに命を吹き込むべく、T-Zone 3F の作業場所へ向かう自作戦士たち。


この窓からのぞく、ちょっと斜めった四角い物体が、10万円する CPU である。


この CPU を取り付けるの図。


次に、CPU ファンを装着。この作業をしくじると、10万円の CPU がおじゃんになりかねない。作業場全体に緊張が走る。10万ですよ。10万。
うちの PC もそこそこ頑張ってるはずですが、購入当時 2万ですから。
…と思っていたところ、意外にもあっさりファン装着。


そしてメモリを 4枚立て続けにさしてゆく。計 2GB になった。
数年前の HDD のサイズのようだ。


いよいよ馬鹿でかい筐体に、マザーボードを装着にかかる。
あまりにでかすぎるので、横倒しにできないぞ。


そして、6万円のグラフィックカードを装着。


電源を設置。
この絵で、筐体の大きさがわかると思われる。

…というところで、残念ながら私は戦線離脱した。
その後、OS が無事インストールされたのかは未確認である。

つづく。



ほぼ最強マシン自作観戦記 vol.1

In : ほぼ最強マシン自作観戦記, Posted by on 12月.12, 2004

自作記といっても自分が金出して作ったわけではもちろんなく、カイシャのボスが作るのに同行しただけである。

オンラインゲームのリネージュII というやつを、21インチ液晶、解像度 1600×1200 UXGA でぐりぐり動かすために、ただひたすら最強のパーツを集めて PC を組み上げるというミッションをおのれに課したのである。
といっても、プランニングはカイシャの先輩がすべて取り仕切ったのではあるが。
で、本日10時にアキバ集合である。

紆余曲折のパーツ集めの末、買い集められたのがこれらのパーツたち。


・CPU:AMD Athron FX 55 約10万円
・マザーボード:ASUS A8N-SLI Deluxe 約3万円
・HDD:Seagate Barracuda 7200.7 SATA ST3200822AS ×2 約3万円
・メモリ:Samsong DDR-SDRAM 512MB ×4 約5万円
・電源:Antec NeoPower 480 約1.5万円
・DVD:Plextor PX-716A/JP 約1.5万円
・サウンドカード:Creative Sound Blaster Audigy 4 Pro 約4万円
・キーボード:SWEDX XK1-BE1 約1万円
・OS:WindowsXP Professional 約2万円

これだけで、すでに 30万円を超えている。
何かが間違っていやしないか?

レポートは明日に続く予定。